直線上に配置
バナー

渥美清的映画
-------------------------------------------------------------------------------

男はつらいよ 奮闘篇

松竹/91分/1971年(昭46)4月28日公開 <第7作>
原作 山田洋次 脚本 山田洋次
朝間義隆
監督 山田洋次
撮影 高羽哲夫 音楽 山本直純 美術 佐藤公信
共演-倍賞千恵子・森川信・三崎千恵子・前田吟・太宰久雄・笠智衆
ゲスト-榊原るみ・田中邦衛・ミヤコ蝶々・犬塚弘・柳家小さん
併映『花も実もある為五郎』監督:野村芳太郎 出演:ハナ肇、藤田まこと
動員数92万6000人/ロケ地・静岡県沼津市、青森県鰺ヶ沢

第26回毎日映画コンクール・監督賞/山田洋次
TOP
Back Next



★「男はつらいよ」シリーズ第7作。
前作から4ヶ月後の公開。この後「男はつらいよ」は、松竹の正月・GW・お盆の定番プログラムとなっていく。

今回のトップシーンは集団就職をする東北の駅舎から。
肉親と別れる中学生相手に寅が講釈を垂れる。実際にロケ地近辺に住む住民と、芸人である渥美清のやりとりが少し違和感を伴って続く。以後の「故郷」「家族」にも通じる山田洋次のドキュメンタリー的手法は未だ噛み合っていないように見える。

物語の始まりは葛飾柴又に突然寅の母親であるミヤコ蝶々が訪ねてくるところから始まる。第二作以来の母親の登場である。行き違いに寅が帰って来て、いやいやながら母親と再会。
ホテルでのミヤコとさくらが話す最中に、寅が背広の綻びを出し始める身体的ギャグは渥美清の独擅場だ。管内大爆笑だったろう。そして結局は定喧嘩別れ。この後、ミヤコは1シーンのみの出番で、構成的には取って付けたような印象だ。

柴又を飛び出した寅は沼津のラーメン屋で青森・津軽出身の知恵遅れの少女と出会う。演ずるは榊原るみ。昭和46年当時は、「頭の足りない少女」の設定は、未だ成立出来た社会状況だった。

やがてこの少女はとらやにやっかいになる事になる。当然寅と再会を果たす。
「私、寅ちゃんのお嫁さんになってもいい・・・」と言う言葉を真に受けて相変わらずの勘違いが始まる。とらやの人々が、寅と少女がもし結婚したとして、産まれる子供を案ずるセリフは仲々きわどい。

寅がさくらのアパートを訪ねる。そしてお前たち生活費はどのくらいなのと聞き出す。驚くさくらと博はそれは結婚のことかと問い詰める。顔を隠しながら照れるそのシーンの寅は抱腹絶倒だ。タンスの扉をあんな風に小道具として使える渥美清は、改めて天才なんだと納得できる。

やがて津軽から少女の後見人である田中邦衛演ずる先生が訪ねてきて少女を引き取っていく。
夕方になって戻ってきた寅は少女が居なくなった事実を知って怒ってまた旅に出て行く。

しばらくすると寅からの葉書が舞い込む。消印は青森の津軽。その文面から意気消沈した寅が自殺するのではないかと思い、さくらが単身津軽まで寅を探しに行く事となる。そしてさくらは津軽の学校で教員として働く田中を訪ねる。その給食の手伝いとして健気に働く少女とも再会。その情景は、後年の山田洋次監督作品「同胞」と似通った雰囲気である。

田中とさくらの会話から、ここに寅がやってきて少女が元気なのを喜び、田中と酒を酌み交わし、再び旅に出た事が判明。寅の不在によって、より一層イメージが膨らんで行くこの構成は見事だ。

そして帰りのバスの中でさくらは寅と出会う。出来過ぎ感はあるが、観客はさくらの気持ちと同じようにいつもの寅さんとまた再会出来て一安心、そして「終わり」となる。

「男はつらいよ」シリーズの大雑把な構成として、
まず寅が柴又に帰郷、そして一悶着あって旅に出て、その次にマドンナとの出会い。再び柴又に戻って来るがやがて失恋、そして再び旅へという、基本の構成がこの回から始まっていく。




<参考文献「知られざる渥美清」大下栄治「おかしな男渥美清」小林信彦>
TOP
Back Next
弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2006, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置