直線上に配置
バナー

渥美清的映画
-------------------------------------------------------------------------------

男はつらいよ 柴又慕情

松竹/107分/1972年(昭47)8月5日公開 <第9作>
原作 山田洋次 脚本 山田洋次
朝間義隆
監督 山田洋次
撮影 高羽哲夫 音楽 山本直純 美術 佐藤公信
共演-倍賞千恵子・松村達雄・三崎千恵子・前田吟・太宰久雄・笠智衆
ゲスト-吉永小百合・宮口精二・津島匠章
併映『祭りだお化けだ 全員集合!!』監督:渡辺祐介 出演:ザ・ドリフターズ
動員数188万9000人/ロケ地・石川県金沢市、福井県東尋坊

キネマ旬報BEST10第6位、同・読者の日本映画BEST10第6位
TOP
Back Next



★「男はつらいよ」シリーズ第9作目。

この回からおいちゃん役が森川信から松村達雄に交代となっている。
また本作からトップシーンが以降お決まりとなった寅の夢から始まる。
今回は貧しい漁村のさくらと博夫婦が吉田義男演ずる高利貸しに借金の催促をされている所に寅が登場。寅は似合わぬ札束を振りかざして借金返済して万々歳という寸劇。

タイトル後いつもの通り寅は柴又に帰ってくる訳だが、今回とらやの入り口には、さくら達が家を建てるのでその足しになればと二階を貸すことにした「貸間あり」の表札が出ている。帰ってきた寅はその表札を見て拗ねてとらやを後にする。そして自分で部屋を借りようと不動産屋巡りをした寅、結局最後の不動産屋に案内されたのはとらやの二階の自分の部屋だった。その日の夜、団欒の席で博の持ち家願望に暴言を吐いてしまったしまった寅は、いたたまれなくなって再び旅へと出て行く。

所変わって石川県金沢。
今回のマドンナである吉永小百合含めてのOL三人組と寅のすれ違いと偶然の出会いがテンポ良く描かれる。少し吉永の笑う演技がわざとらしく気にはなったが・・・。

やがて柴又で寅と吉永は再会する。
勘違いしてまた恋煩いとなった寅と、吉永の父親である宮口精二の渋い演技が対照的で面白い。
山田洋次は博の父親、志村喬と同じく寡黙な男が好みのようだ。喋りすぎの寅の反動なのかもしれないが。ちなみに吉永は当時27歳。翌年に15歳年上のテレビディレクターと結婚して世間を驚かした。映画内の吉永の悩みは私生活の実際の悩みと距離は近かったのではないだろうか。

この回くらいから、とらやの一家団欒シーンが、ひとつの家族像として美化され始めている印象を受けた。吉永に対する家族愛的なアプローチや、寅に対する気の使いようは、見ている観客と同目線の立ち位置になるように構成されている。とらやの人々と寅との距離感が、見る側と同一になりつつある。

ラストのエピローグでは宮口精二が再び登場する。
娘が世話になったからと、とらやに挨拶に来てすぐに去って行く。構成上あまり意味はないと思うのだが寡黙な宮口が登場すると画面が引き締まるのは確かである。




<参考文献「知られざる渥美清」大下栄治「おかしな男渥美清」小林信彦>
TOP
Back Next
弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2008, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置