直線上に配置
バナー

渥美清的映画
-------------------------------------------------------------------------------

男はつらいよ 寅次郎忘れな草

松竹/99分/1973年(昭48)8月4日公開 <第11作>
原作 山田洋次 脚本 山田洋次
朝間義隆
監督 山田洋次
撮影 高羽哲夫 音楽 山本直純 美術 佐藤公信
共演-倍賞千恵子・松村達雄・三崎千恵子・前田吟・太宰久雄・笠智衆
ゲスト-浅丘ルリ子・毒蝮三太夫
併映『チョットだけヨ 全員集合!!』監督:渡辺祐介 出演:ザ・ドリフターズ
動員数239万5000人/ロケ地・北海道網走

キネマ旬報BEST10第10位
第28回毎日映画コンクール・監督賞/山田洋次、同・脚本賞/山田洋次、朝間義隆
第17回日本映画テレビ技術協会・録音の部/中村寛、松本隆司
TOP
Back Next



★「男はつらいよ」シリーズ第11作目。

シリーズで4度のマドンナ役を務めたリリーの初登場作。そして名作の誉れ高い作品。
相変わらずの夢のシーンから始まるがそれまで敵役だった吉田義夫は父親役に扮し、敵役にはタコ社長の太宰久雄、その子分に源ちゃんの佐藤蛾次郎が演じている。ますます楽屋落ちの雰囲気となっている。

今回寅が柴又に戻ってくるとちょうど父親の法事の最中。おいちゃんが死んだのかと勘違いしての一騒動。このシーンでは以後定番となっていくおばちゃんのセリフ「・・さくらちゃん怒っちゃったよ、私しらないよ」が聞ける。

そしてピアノ騒動へと話は流れていく。さくらがピアノが欲しいと聞いて寅はおもちゃのピアノだと勘違いしてプレゼントする。何とかその場は取り繕うがタコ社長の一言でおジャン。寅は「お前たちのような労働者がピアノが買えるわけ無いだろ。そもそもあのアパートにでかいピアノが入るのか」と罵る。そして博のこれまた定番セリフ「・・・お兄さん、非道いこと言うな」おいちゃんの「出て行け!」でプイと柴又を去る寅。

所変わって北海道の網走。キャバレー歌唄いのリリーと出会う。
中学出たら家を飛び出してフーテンみたいな生活をしていたと話すリリーに寅は「ちょいとした俺だね」と同志的感情を持っていく。この時浅丘ルリ子は33才、渥美清は45才。網走の港で佇む二人の2ショットはこのシリーズでも屈指の名シーンだろう。根無し草の二人が寂しさや家族への憧憬を語り合い、アブクみたいに人生と例えて笑うこのシーンは「男はつらいよ」がただの喜劇映画の範疇を超えて人々の琴線に触れ続けた息の長い映画となった理由が垣間見える。

寅はその後、いつもの通り改心して「労働」をしようと酪農農家で働き出すが、すぐに倒れてさくらが迎えに行って再び柴又へと戻ってくる。そしてリリーとの再会。とらやの歓待を受けるリリーが庭先においてある鉢植えを見て「これが忘れな草かぁ・・」と呟く。忘れな草と同じ紫色の柄の服を着たリリーが鉢を持ち上げる。何気ないカットだが副題とも相まって強く印象に残るカットだ。

本筋とは離れるが印刷会社の工員と近所のお店の女の子のシークエンスが有る。
寅は二人を恋人同士だと思って冷やかすのだがなぜか女の子が泣きだしてしまう。博は「デリカシーが無い」と寅を叱責するのだがここは寅に対して過剰に反応している違和感がある。その後、博と工員たちは川べりで輪となって二人の男女に対して「あんな一言で壊れる友情なら最初から無いほうが良い。そうだろみんな」「意義なーし」となって工員が告白して万歳となる訳だが、少し`集会`的なニオイがする。

その後の団欒のシーンで寅のこれまでの恋愛相手を懐かしむシーンがある。黙って聞いていたリリーが「・・・何百万回も惚れて、何百万回も振られてみたいわ」と呟く。「何人もの男たちと付き合ってきたわよ。でも心から惚れたことなんか一回もないのよ。・・・一生に一度だけでいい、一人の男に惚れて惚れて惚れ抜いてみたいわ。振られたっていいの、振られて首吊って死んだって、私それでも満足よ・・」
それまでのマドンナとは異質なこのセリフ、リリーのほとばしる激情を浅丘ルリ子は見事に体現して演じている。

その後ある深夜、リリーがとらやを訪ねてくる。泥酔して一緒に旅に出ようと誘うリリー。大声で歌うリリーを持て余す寅。喧嘩別れとなって寅も旅に出る。上野駅の地下のレストランにカバンを持ったさくらが来る。畳んだお札を広げて寅の財布に入れてやるシーンが泣ける。結局リリーは結婚して寿司屋の女将さんになっている。リリーがさくらに言う。「あたしホントは寅さんのほうが好きだったの」・・・。ラストは再び北海道の酪農家に立ち寄る寅次郎で「終」となる。

ドサ回りのキャバレー歌手という設定のマドンナによって「男はつらいよ」シリーズはさらに深みを増した映画となっていく。



<参考文献「知られざる渥美清」大下栄治「おかしな男渥美清」小林信彦>
TOP
Back Next
弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2013, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置