直線上に配置
バナー

渥美清的映画
-------------------------------------------------------------------------------

男はつらいよ 私の寅さん

松竹/107分/1973年(昭48)12月26日公開 <第12作>
原作 山田洋次 脚本 山田洋次
朝間義隆
監督 山田洋次
撮影 高羽哲夫 音楽 山本直純 美術 佐藤公信
共演-倍賞千恵子・松村達雄・三崎千恵子・前田吟・太宰久雄・笠智衆
ゲスト-岸恵子・前田武彦・津川雅彦
併映『大事件だよ 全員集合!!』監督:渡辺祐介 出演:ザ・ドリフターズ
動員数241万9000人/ロケ地・熊本県天草・阿蘇、大分県別府市
TOP
Back Next



★「男はつらいよ」シリーズ第12作目。

シリーズ中で最高の観客動員数241万人を動員した作品。それまでの柴又慕情から恋歌、忘れな草と続いた作品の面白さに伴う動員がついに頂点に達したという事だろう。しかし残念ながら本作はシリーズでもかなり面白みの少ない作品となっている。

まず構成が中途半端だ。
始まりはいつもの様に寅が帰郷する訳だが、その日はとらや一家が翌日九州三泊四日の旅行に出発する前夜である。当然寅は連れていけないので拗ねる。旅行中も旅先からの電話を待ちわびている。一家が帰ってくると食事の用意が出来ていて風呂も湧いている。寅の優しさが出る良いシーンではあるが、ここまでで映画が始まって約40分経過している。マドンナは一切絡んでこない。

多分山田洋次監督はスタッフ・キャスト思いなので、セット撮影が中心のとらや一家を、慰労も兼ねて九州ロケへ連れていくために、このような筋運びを考えたのではないのだろうか。既に松竹のドル箱になっていたシリーズ、会社もそこら辺は了解していたのだろうと推測する。

この後仕切りなおしで前田武彦の登場とともに後編の物語が始まる。
マドンナ役の岸恵子だが、あまり魅力的に描かれていない。これは設定の問題だと思うが、寅との最初の出会いが喧嘩する関係から始まっている。翌日、まだ怒っている寅の前に、岸恵子が花を持って現れる。で、いつもの様に寅は惚れてしまう訳だが、ここが弱い。岸恵子は画家の役なので最初の出会いが絵の具だらけの薄汚い服を着ていたのだが、とらやに再登場した時は鮮やかな色のワンピースを着ているとかの落差があれば、寅が惚れるのを納得できるのだが、あれだけ怒っていた寅がアッという間に改心してしまうのはとても不自然だ。そして何回も繰り返させる、寅を「熊さん」と言い間違えるギャグもしつこい。

その後の流れもしっくりこない。
とらやで岸と画商の津川雅彦が待ち合わせをして深刻な話をするシーンが有る。津川からは「・・・あなたは別なんだ」とか「どうして承諾してくれないんですか?」などの思わせぶりなセリフが発せられる。画商の津川があまり売れない岸の絵を買ってあげて結婚を迫っている、ふうに捉えられないこともない。

津川が去ったあとに岸は「嫌なやつ!」と憤慨する。寅はそれを聞いて安心して観客側も岸は津川を嫌っているんだと納得する。しかしそれから後で、岸が恩師の絵画の先生宅を訪れているんが有る。そこで恩師から「・・・君、結婚するらしいよ」と教えられる。と゜うも岸はその相手が好きだったようだ。岸が誰と結婚するのかと問うと「相手は金持ちの娘らしい。まあ彼らしいけどね」とのやりとりがある。
最初見た時、その相手は津川なのだろうかと混乱してしまった。再度見返して津川の役名が「城」で岸の片思いの相手が「三田」の役名だと分かって別人だとわかった。

この後岸は失恋したといって寝込んでしまう。相手は映画の中に現れていないので見る側は岸の失恋に同情できなく戸惑うばかりだ。やがて岸は寅の恋心に気付き「私・・困るのよ」と拒否。寅は旅て出て行く。
その後のさくらと岸の2ショットでの岸のセリフ、「いつまでも良いお友達で居たかったのに、馬鹿ね寅さん」これはとても身勝手な冷たい印象を受けた。



<参考文献「知られざる渥美清」大下栄治「おかしな男渥美清」小林信彦>
TOP
Back Next
弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2008, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置